• みすや忠兵衛の哲学
  • みすや針とは
  • オフィシャルサイトへ

みすや忠兵衛 製品案内

  • お裁縫揃い
  • 裁縫箱
  • 京都本みすや針
  • 京都本みすや針セット
  • 和洋裁道具
  • はさみ
  • ちりめん小物
  • 押絵
  • 鈴
  • 会社案内
  • 全国の店舗情報
  • 全国のイベント情報
  • みすや忠兵衛の針供養

HOME > みすや忠兵衛の哲学

みすや忠兵衛の哲学

京都本みすや針 みすや忠兵衛創業

  • 京都本みすや針 みすや忠兵衛創業みすや忠兵衛は、文政二年より京都松原の地で針屋を営んでまいりました。扱うお針さんはみすや針。

    江戸時代から続く秘伝製法をもとに針職人が作り上げるお針さんです。みすや忠兵衛では秘伝製法を代々受け継ぎながら、時代の求めにあったみすや針の考案や改良も行ってまいりました。現在、みすや針の屋号を掲げる針屋はたいへん少なくなりましたが、忠兵衛印のみすや針は今もかわらず職人から一般の方々まで幅広くご愛用いただいております。

京の着倒れを支える

  • 京の着倒れを支える京都は着倒れのまちと言われますが、この着倒れ文化を影で支えてきたもののひとつがみすや針です。 きらびやかな貴族の衣装から庶民の晴れ着、普段着まで衣類のほとんどがこのお針さんで作られてきま した。京都のひとびとは西陣織や友禅染といった京都ならではの上質素材を使い、晴れの日の着物を 仕立てる。縫い人は、纏う姿に想いを馳せながら、ひと針ひと針縫い上げる。ここには、日々の生活を 質素に押さえてまで衣装に財を費やす京都の美意識があります。みすや針はそうした美意識に応える 針でなければなりませんでした。

    それは縫い人の負担を少しでも軽減し、縫いやすい針であること、折れたり曲がることの少ない丈夫な 針であること、そして素材を傷めない針であること、素材の良さ(光沢、柄、張り)を引き出す縫いを 行えることでした。このどれかひとつでも欠けてしまうと、縫い人の想いを汚し、纏い人の晴れ姿を 台無しにしてしまうのです。

    たかが針と思われる方も多いでしょうが、こうした気構えで忠兵衛号のみすや針を おつくりしてまいりました。

縫い人の想い

  • 縫い人の想い日本の服飾文化から、みすや針の基本は着物つまり和裁用のお針さんといえます。時代の流れによってファッションは和装から 洋装へ、趣味の分野ではパッチワークや刺繍など針用途は変化してきました。これに合わせて、さまざまな針仕事が生まれ、縫 い人たちの想いも多様化してきました。

    わたしたちは伝統を守り継ぎながらも、改良を行う、新しいお針さんを考案するといった取り組みを行ってまいりました。現在 では洋裁に適したメリケン針、パッチワーク用のお針さんなど、さまざまな用途に適したお針がございます。

    いかなる針仕事であれ、用途に合わせたお針をご用意させていただく、愉しみながら想いを紡いでほしいと考え、縫い人の想い に応えるお針を作りあげております。

〒600-8086
京都市下京区松原通東洞院東入本燈籠町20
定休日 土日祝、営業時間 10:00~17:00
075-365-0795